2012年01月24日

浜崎あゆみの離婚と法律

 報道によるとネバタ州で国際結婚した浜崎あゆみは,戸籍法上の届け出を怠り日本の戸籍上は結婚していなかったらしい。
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/postseven-20120119-81661/1.htm

 では,この結婚は,日本法上は有効なのであろうか。
法の適用に関する通則法には,以下の通り定められている。,

第二十四条  婚姻の成立は、各当事者につき、その本国法による。
2  婚姻の方式は、婚姻挙行地の法による。
3  前項の規定にかかわらず、当事者の一方の本国法に適合する方式は、有効とする。ただし、日本において婚姻が挙行された場合において、当事者の一方が日本人であるときは、この限りでない。

 この第2項により,婚姻挙行地であるネバタ州法で有効な方式の婚姻であれば,日本法的にも婚姻は有効である。
 つまり,浜崎あゆみの婚姻は有効というわけだ。

 私が経験したケースでもA国人とA国で結婚し,離婚し,日本戸籍上は離婚となっていったが,A国法上は離婚できていなかったという例があった。
 その人物が今度B国人と婚姻したのだが,そのB国人との結婚が「重婚」ではないかが裁判での争点となった。

 難しい問題がいろいろあり,それにつき法的判断が出される前に和解になったのだが,国際結婚の難しさを思い知った。

 普通の結婚であれば,戸籍を見れば,結婚しているか,離婚してるかが簡単に分かる。
 しかし,国際結婚では戸籍上は離婚していても日本法的に離婚になっていなかったり(上のケース),戸籍上は結婚していなくても日本法的に結婚になっていたり(浜崎あゆみのケース)することもあるわけだ。

 国際結婚・離婚をする人はくれぐれも注意が必要である。
posted by benuchida at 19:04| 離婚まめ知識
最近のコメント