2010年11月30日

子の養育費が支払われない・・・どうしたら?

 未成年の子がいる夫婦が離婚をした場合,一方が親権者となり,他方は養育費を支払う義務を負担するのが,法の定めです。
 しかしながら,現実には,養育費の支払いが全くなされていないケースによく遭遇します。「養育費がなければ,この子を育てていけない!どうしたらよいでしょう?」という相談です。
 養育費の支払いがなされない場合,最も困るのはお子さんに他なりません。養育費の支払確保については,一般に次のような方法が考えられます。


1 まず,養育費の支払について約束や判決等を取得しましょう。

 @ 金額は,夫婦間の収入に応じた基準により,決められることになります。

 A 手続については,次のものを利用すると,養育費の支払が滞った場合に強制執行を行うことが可能になります。備えあれば憂いなしです。
  ア 家庭裁判所の調停,審判,人事訴訟
  イ 公証人役場の公正証書
 
 B 約束する時期は,離婚や親権者の指定と同時に行いましょう。親権は決めたのに,1月もたたないうちに養育費の「よ」の字すら聞かなくなったという話は,よく耳にします。


2 それにもかかわらず,養育費が支払われなくなった場合,法は,強制執行という方法を準備しています。
  強制執行を利用できるのは,先のAに掲げた場合のみですから,注意してください。
  ただ,強制執行は,相手方に支払うだけの資産がある場合に,これを強制的に支払いに充てるものです。ですから,相手方に全く資産がない場合,養育費の支払約束はしたものの相手方から全く養育費が支払われないという事態を,招くことがあります。


離婚を始め,家族内の様々な問題に関するブログのランキングに参加しています。
 ↓↓クリックお願いします。

 つらい話も多くありますが,有意義な意見がたくさんあり,勉強になります。
posted by benuchida at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | よくあるご質問
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41914340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント